大木 靖弘 准教授


職位
准教授
氏名
大木 靖弘
学位
博士(工学)
メールアドレス
ohki[at]chem.nagoya-u.ac.jp
電話番号
研究室
無機化学研究室
研究分野
無機合成、遷移金属錯体、有機金属錯体、クラスター

    研究紹介

  • 高い合成技術ならびに自ら開発した合成無機反応を生かして、「小分子活性化」を念頭に置いて研究を進めています。これらは、おおまかに「金属酵素活性中心の人工構築と機能再現」すなわち自然界で小分子活性化を行う酵素を範とするアプローチ、および人工系での小分子活性化が期待できる「配位不飽和な有機金属錯体の合成と反応性の解明」に大別できます。我々が独自に見いだしたクラスター化合物や反応活性な遷移金属錯体の精密合成を基盤として、窒素やアルカンなど不活性分子を変換する有効な方法が見いだせるのではないかと期待しています。
  • 職歴・履歴

  • 2008年-    名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻 准教授
    2000-2008年 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻 助手および助教
    1998-2000年 科学技術振興事業団CREST研究員(単一原子・分子レベルの反応制御)
    1997-1998年 東陶機器株式会社 基礎研究所
    1997年    東京工業大学大学院理工学研究科(応用化学専攻)修士修了

    2002年    博士(工学)取得(東京工業大学)
    2006年    ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)客員助手
  • 主な受賞歴

  • 平成21年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞、文部科学省,平成21年4月
      (還元反応を司る金属酵素の活性部位構築と機能の研究)
    日本化学会 進歩賞、日本化学会,平成21年3月
      (ニトロゲナーゼおよびヒドロゲナーゼ活性部位の人工構築)
    錯体化学会 研究奨励賞、錯体化学会,平成16年9月
      (ニトロゲナーゼP-cluster骨格の人工構築)