受賞

受賞写真

名古屋大学とノーベル化学賞

ノーベル賞受賞メダル写真
名古屋大学化学科は現在までに2人のノーベル化学賞受賞者を生み出しています。ひとりは2001年に受賞された野依良治先生、もうひとりは2008年に受賞された下村脩先生です。野依先生は京都大学から名古屋大学理学部化学科の助教授として着任されてから今日まで名古屋大学でノーベル賞の核となる不斉触媒を開発されました。下村先生は本理学部化学科で博士を取得した後、助教授を努めました。博士課程の研究で行なったウミホタルルシフェリンの単離・精製という「光る物質」の経験がもととなり、細胞を発光させる「緑色蛍光タンパク質」の単離に至ったのです。この2人ように未来のノーベル化学賞のもととなる最先端研究は現在も化学科では盛んに行われています。

 

© ® The Nobel Foundation

This movie requires Flash Player 9

受賞一覧 詳細へ

This movie requires Flash Player 9

Tweet this!Tweet this!