大正•昭和期の日本の指導者的化学者。文光学的手法を使って錯体化学、生化学を研究。名古屋大学初代理学部長。柴田雄次(1882-1980)
 

経歴





1907年
東京帝国大学理学大学化学科 卒業
1910年1月-1910年4月
東京帝国大学理学大学 講師
1910年5月-1913年10月
ヨーロッパ留学 (ライプチヒ大学 ハンチ、チューリッヒ大学 アルフレート•ウェルナー、パリ大学 ジョルジュ•ユルバン)
1913年7月-1919年
東京帝国大学理学大学化学科無機化学講座 助教授
1917年7月
理学博士 取得
1919年-1942年
東京帝国大学 教授
1942年-1948年
名古屋帝国大学 教授(理学部長)
1949年-1957年
東京都立大学 初代総長
1962年-1970年
日本学士院 院長
1980年1月28日
長逝(98歳)
 

受賞歴





1917年
日本学士院恩賜賞「金属錯塩の分光化学的研究」
1962年
文化功労者顕彰
1973年
正三位勲一等瑞宝章
 

主要な研究内容および業績





    • 分光器を駆使した金属錯塩の酵素的酸化還元作用に関する研究
    • 植物色素の吸収スペクトル分析
    • 希土類を含む鉱物の研究
 

参考





wikipedia 柴田雄次
日本の科学者100人 柴田雄次

Tweet this!Tweet this!