(1911-2010)無機化学者。錯体化学の代表者であるだけでなく、古文化財の科学的調査研究にも尽力。
 

経歴





1933年
東京帝国大学卒業
1941年
理学博士
1941年-1974年
名古屋帝国大学 教授
1989年
日本学士院会員
2010年4月10日
長逝(99歳)
 

受賞歴





1960年
日本学士院恩賜賞「醍醐寺五重塔の壁画の共同研究」
1982年
勲二等瑞宝章
1988年
国際古文化財保存学会フォーブス記念賞
 

主要な研究内容および業績





  • 金属イオン周辺における種々イオンならびに分子結合の金属錯体の化学的、分光学的研究
  • 紫外線、赤外線、X線などを用いた化学分析手法を用いた古文化財の調査
 

参考





wikipedia 山崎一雄
http://www.sci.nagoya-u.ac.jp/kouhou/11/p2.html

Tweet this!Tweet this!