森野米三(1908-1995)物理化学者。東京大学名誉教授。独自に開発した分光学装置を用い、構造化学研究の基礎を築いた。
 

経歴





1931年
東京帝国大学理学部化学科 卒業
1931年-1937年
理化学研究所 研究生(片山研究室)
1937年
理学博士(液体及ビ液体混合物ノ界面自由エネルギーニ就テ)
1937年-1940年
東京帝国大学 助手
1940年-1942年
東京帝国大学 助教授
1942年-1943年
名古屋帝国大学 講師
1943年-1948年
名古屋帝国大学 教授
1945年-1948年
東京大学 教授(兼任)
1948年-1969年
東京大学 教授(専任)
1970年-1978年
相模中央化学研究所所長
1971年-1972年
社団法人日本化学会会長
1972年-1978年
財団法人相模中央化学研究所副理事長
1976年-1981年
分子科学研究所評議員
1976年-1991年 
財団法人東レ科学振興会評議員
1978年-1993年 
財団法人相模中央化学研究所最高顧問
1982年-1995年
財団法人伊藤科学振興会評議員
1982年-1992年
財団法人東レ科学振興会理事
1984年-1990年
岡崎国立共同研究機構分子科学研究所研究顧問
1993年-1995年
財団法人相模中央化学研究所顧問
1995年10月24日
長逝(87歳)
 

受賞歴





1942年
日本化学会櫻井褒賞「分子の基準振動に関する研究」
1964年
日本学士院賞「気体電子線回折およびマイクロ波分光による分子構造の研究」
1973年
藤原賞
1980年
勲二等瑞宝章
1981年
文化功労者顕彰
1992年
文化勲章
1995年
勲一等瑞宝章
 

主要な研究内容および業績





  • 気体電子線回折およびマイクロ波分光による分子構造の研究
  • 多原子分子の振動と回転の相互作用の解明
 

参考





wikippedia 森野米三
http://kotobank.jp/word/森野米三
「森野米三先生を偲ぶ」

Tweet this!Tweet this!