江上 不二夫(1910-1982)生化学者。戦後の日本の生化学を牽引した一人。日本学術会議会長、国際生命の起源学会会長などを務めた。
 

経歴





1933年
東京帝国大学理学部化学科 卒業
1934年-1937年
フランス政府給費留学生としてストラスブール大学、パリ大学に留学
1941年-1943年
東京帝国大学理学部 助手
1943年-1944年
名古屋帝国大学理学部第三講座(有機化学) 助教授
1944年-1958年
名古屋帝国大学理学部 教授
1958年-1968年
東京大学理学部 教授
1968年-1971年
埼玉大学理工学部 教授併任
1969年-1971年
日本学術会議会長
1971年-1980年
三菱化成生命科学研究所初代所長
1977年-
国際生命の起源学会会長
1980年-
同名誉所長
1982年
長逝(71歳)
 

受賞歴





1953年
中日文化賞「生体酸化還元酵素の科学的研究」
1954年
日本化学会賞「細菌毒素および細菌酵素の化学的研究」
1966年
朝日文化賞「リボヌクレアーゼT1の研究」
1967年
毎日出版文化賞(「生命を探る」(岩波新書))
1971年
レジヨン•ドヌール勲章
日本学士院賞「リボヌクレアーゼに関する研究」
 

主要な研究内容および業績





  • 細菌の硝酸還元系の研究
  • タカジアスターゼからリボヌクレアーゼT1の分離精製
  • 生命の起源の研究
 

参考





http://www.civic.ninohe.iwate.jp/100W/05/044/index.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/江上不二夫

Tweet this!Tweet this!