下村脩(1928-)生物学者(有機化学・海洋生物学)。オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質の発見。2008年ノーベル化学賞受賞。
 

経歴





1951年
長崎医科大学附属薬学専門部(現 長崎大学薬学部)卒業
1960年
理学博士(名古屋大学)
1951年
長崎大学薬学部実験実習指導員
1959年-1963年
長崎大学薬学部助手
1960年-1963年
プリンストン大学研究員(フルブライト奨学金)
1963年
名古屋大学理学部附属水質科学研究施設助教授
1965年-1982年
プリンストン大学上席研究員
1981年-2000年
ボストン大学客員教授(兼任)
1982年
ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員
2001年
ボストン大学名誉教授
2008年
ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員

受賞歴





2004年
Pearse Prize(英国王室顕微鏡学会)
2005年
Emile Chamot Award(イリノイ州顕微鏡学会)
2007年
朝日賞
2008年
ノーベル化学賞
2008年
文化功労者顕彰
2008年
文化勲章
 

主要な研究内容および業績





  • 生物発光の研究
  • 緑色タンパク質(GFP)の発見
 

参考





Tweet this!Tweet this!