教育理念

教育理念写真



原子・分子のレベルで自然と対話し、自然を理解し、そしてその知識をもとに新たな物質をつくる喜びが化学の源流です。多種多様な構造と性質をもつ自然界の物質の中には、有用な物性や生理活性をもつものも多く、人類は太古よりそれらを利用する知恵を身に付けています。
天然に存在する様々な物質の構造決定、反応性の解明、有用な物質の合成などは化学の中心分野ですが、現代化学はさらに進んで、新しい構造・物性を有する化合物の創成と性質の探究、生体分子の構造と反応機構の解明や生理活性物質の合成など、 物質科学と生命科学の広い学術分野に対して、物質に関する基幹学問としての役割を担っています。豊かな文明社会を創出する新物質開拓とともに、地球温暖化やオゾン層の破壊など、近未来において人類の存亡すら左右しかねない環境問題の解決にも積極的な役割が期待されています。


名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系研究室は
次のような人材の育成を教育目的としています

1.


公共・民間研究機関において、最先端化学をリードするとともに新しい研究領域の創成を企画できる国際的研究者。

2.


さまざまな高等教育機関において、化学の知識と技術を伝承するとともに、未来を切り開く独創性を養育できる化学教育者。

3.


最先端化学技術に習熟した、高度に専門化された高等職業人。

そのための教育体制として、 有機化学、生物化学、無機化学、物理化学といった化学の各基盤分野で国際的に活躍する研究者を教員として揃えるとともに、最先鋭の研究・教育環境を整えています。


This movie requires Flash Player 9


Tweet this!Tweet this!