生物有機化学研究室

This movie requires Flash Player 9


有機化学を基礎に、低分子から高分子に及ぶ生理活性分子あるいは機能性分子の設計原理を考案する。これにより、物質創成を基盤としたイメージング法、蛋白質機能制御法、遺伝子機能制御法等の基礎技術革新を進めながら、化学的な視点から独自の手法で生命科学研究を展開する。加えて、考案した方法論や開発した分子を医薬や診断技術に応用することを目指す。生命現象の解明を指向する研究において、市販の化合物や試薬キットを利用するのみでは、同様な成果を求める他の研究者と研究手法・研究結果が類似する。このような状況下では、研究成果を挙げることが、競合する研究グループ間においての単なる時間勝負になりやすい。然しながら、有機化学を駆使し、‘これがあったら新しい研究展開が望めるが現時点では世に存在しない’、といった新規なバイオプローブや生理活性物質を創り出すことが出来れば、より独創的な研究展開が可能になると考える。本研究室で推進する研究の大きな特徴は、細胞内外で機能する化学的分子メカニズム(生体内有機化学反応)の考案である。独自の分子設計を達成するために、核酸構造、タンパク質構造や生体分子の反応メカニズムを熟知し、コンピューターモデリングの利用や有機化学に基づいた合理的分子デザインを進める。

研究室
生物有機化学研究室
場所
理農館 5F
電話番号
052-789-2490
ホームページ
http://biochemistry.chem.nagoya-u.ac.jp/

最近の主な論文・著書

1) N. Abe, K. Matsumoto, M. Nishihara, Y. Nakano, A. Shibata, H. Maruyama, S. Shuto, A. Matsuda, M. Yoshida, Y. Ito, H. Abe “Rolling Circle Translation of Circular RNA in Living Human Cells” Scientific Reports, 5, 16435 (2015).


2) K. Onizuka, F. Nagatsugi, Y. Ito, H. Abe “Automatic Pseudorotaxane Formation Targeting on Nucleic Acids Using a Pair of Reactive Oligodeoxynucleotides” J. Am. Chem. Soc., 136, 7201–7204 (2014).


3) A. Shibata, T. Uzawa, Y. Nakashima, M. Ito, Y. Nakano, S. Shuto, Y. Ito, H. Abe “Very rapid DNA templated reaction for efficient signal amplification and its steady-state kinetic analysis of the turnover cycle” J. Am. Chem. Soc., 135, 14172−14178 (2013).


4) N. Abe, M. Hiroshima, H. Maruyama, Y. Nakashima, Y. Nakano, A. Matsuda, Y. Sako, Y. Ito, H. Abe “Rolling circle amplification in a prokaryotic translation system using small circular RNA” Angew. Chem. Int. Ed., 52, 7004-7008 (2013)


5) J. Zhang, A. Shibata, M. Ito, S. Shuto, Y. Ito, B. Mannervik, H. Abe, R. Morgenstern “Synthesis and characterization of a series of highly fluorogenic substrates for glutathione transferases, a general strategy” J. Am. Chem. Soc., 133, 14109-14119, (2011).


Tweet this!Tweet this!